「消費カロリー>摂取カロリー」を考える:現役キャビンアテンダントの魅せるボディの作り方

「消費カロリー>摂取カロリー」を考える

みなさんが、よ~くご存知のダイエットの基本中の基本、
「消費カロリー>摂取カロリー」を考えてみたいと思います。

あたりまえ!って言ったら、それまでなんだけど、
なかなか実行できないものでしょ。笑

今日は、私なりにこの法則を解釈してみたいと思います。

★食べ過ぎては痩せられない。
★動かなければ痩せられない。
★動きたくないから、食べない。
★食べていないから、動かなくてもいい。

一般的な解釈だと、こんな感じでしょうか?

私の場合は「キレイに痩せる」ということが目標なので、
やつれてしまうようなダイエットはNGです。

「栄養」を摂っていればキレイに痩せられるとサプリメントに依存して、
「摂取カロリー」を抑えるというのも問題があります。
「栄養」を摂っているから「代謝」が上がると思っていませんか?
こういった宣伝をしている会社も多くみられますが、
通常の食事で摂っているカロリーを急に下げてしまうと、
それだけで「代謝」は下がります。

つまり、「摂取カロリー」にばかり目をむけるから
極端な「食事制限」に走ってしまうんですね。
簡単な運動を取り入れれば「消費カロリー」が増えます。

ということは、

それほど「摂取カロリー」を抑えなくてもOKということになります。

反対に「今日はエアロビクスを–時間もやったから」と言って、
暴飲暴食をしていてもダメです。

「有酸素運動」をやり続けると、カラダが運動に適応してしまい、
エネルギーを消費しなくなります。

自分が思っているほど、エネルギーは消費していません。
疲労感ばかりが残り、カラダには活性酸素がたまって、
老化を促進してしまいます。

「有酸素運動」だけで、「消費カロリー」を上げようと思うと、
毎日かなりの時間のウォーキングやジョギングをしなければいけません。
しかも同じ運動ばかりしていては、カラダが適応してしまうから。

では、どうしたらいいのか?

「筋力トレーニング」を取り入れることです。

美しいボディラインを保ちながらダイエットをするには、
筋肉をつけながら、体脂肪を落としていくのがおすすめです。

それに、筋トレをした後というのは、成長ホルモンが分泌されるので、
何もしていなくても脂肪を燃やし続けてくれるんですよ!
ダイエッターには、おいしい話でしょ。

ここに「有酸素運動」を取り入れると、さらに脂肪を燃やしてくれます。

新しいダイエットの法則として、私がおすすめするのは、

「筋トレ」後の「有酸素運動」+「適量のバランスの良い食事」です。

ただ単に「体重を落とす」ということに専念して
カロリー制限をしてしまうと、筋肉まで落ちてしまうこともありますから注意が必要です。

「細くなれば筋肉が落ちてもいい」と思うでしょ?

でも、「代謝」が落ちてしまい
結果的に「太りやすいカラダ」になってしまいますから、
せっかくの努力が無駄になってしまいます。

簡単な筋力トレーニングを取り入れながら、
体脂肪を落としていくと、言うほど体重は落ちませんが、
確実に体脂肪率は落ちていきます。

脂肪よりも、筋肉の方が重いんです。
だから、体重に大きな変化は見られません。
でも「見た目」は劇的に変わりますよ!体が締まってきますから。

「1ヶ月に2キロ減」

が理想だそうです。

ダイエットは知らないと「損」をすることが多いです。
遠回りせず、正しい知識を身につけて、キレイになりましょうね。

私はこれで理想的なボディをキープしています。

「食べなければキレイに痩せられない」
「筋トレしなければ、キュッと引き締まらない」
「運動の順番を間違えると損をする」

忘れないでね!

同じテーマのお話

  • 私が一番みなさんに伝えたかったこと
     私が一番みなさんに伝えたかったこと…それは、「痩せたい」「ボディラインを整えたい」「いつまでも若くありたい」「美肌を保ちたい」などなど、きれいになりたいのなら、まず「筋肉」をつけなければならないという…
  • 筋肉を「限界」まで追い込む!
     筋トレ仲間のおじ様たちとの会話で「今日は追いこめた・・・」という会話があります。笑みなさん、わかります?マニアックかしら。筋肉を「限界」まで追い込むってことなんだけど、これってどういういうことだろう?…
  • 有酸素運動をおすすめします。
     体脂肪を減らしたいならば、おすすめなのが「有酸素運動」!有酸素運動の代表格が「ウォーキング」「ジョギング」「エアロビクス」。その中でも入りやすい「ウォーキング」がおすすめですね。ウォーキングといっても…
  • 痩せるということは…
     痩せるということは、単純に体重(数字)を落とすことではありません。体脂肪を減らしていくということです。そのためには、①日常生活で活動量をあげるか、有酸素運動(ウォーキングなど)を行う。②食事制限をして…
  • 「内臓脂肪」と「皮下脂肪」
     脂肪には、大きく分けて「内臓脂肪」と「皮下脂肪」 があります。「内臓脂肪」は男性の方がつきやすく、「皮下脂肪」は女性の方がつきやすい。これには遺伝的な体質やホルモンが関係しているといわれています。特に…
  • リバウンドに注意!体脂肪の落とし穴
     太っている人の体脂肪細胞というのはパンパンに膨らんだ状態。このため急激に内部にため込んだ脂肪を放出すると、脂肪細胞は空気がぬけた風船のようにショボショボになります。でも、しばらくは元の容積を保っていて…
  • 食べても太らないカラダを手に入れる!
     「食べても食べても太らないの~」なんて言ってみたくないですか?私は言われますよ。びっくりするほど食べますから。笑でも、それは代謝をアップすれば、夢ではありませんよ。同じ物を食べていても太る人と太らない…
  • 魅せるボディを作るための筋力トレーニング
     私がエクササイズにより体重と体脂肪を落としてから「どうして痩せたの?」「そのくびれの秘密は?」と聞かれることがあります。「筋トレだよ」と答えると、10人中9人の方は、「あぁ~私には無理無理!」「ぜった…
  • 秋冬こそダイエット本番!
     ダイエット中のみなさん、肌の露出がないからといって安心していませんか?今こそ、ダイエット本番なんですよ。季節によって代謝量が変化するって知ってます?夏は代謝が下がり、冬は代謝が高くなるんですって!そう…
  • 有酸素運動の前にカフェインを!
     コーヒーがダイエットにいいと聞いたことがありませんか?ただコーヒーを飲めばいいというわけではありませんよ。有酸素運動を行う20分前くらいにカフェインを取ると、脂肪燃焼に効果的だといわれています。このカ…

同じカテゴリーのお話

  • 毎日鏡で全身をチェック
     体重計に乗るよりも、毎日裸で鏡の前に立つこと!そして全身ながめること!これがベストな方法です。毎日見ていると、ちょっと太っただけですぐわかるもんですよ。「見た目」重視です。体重なんて関係ない。1キロ増…
  • 自分の生活を見直そう!
     自分の体型を変えるためには、まず自分が変わることです。今までの自分の生活を振り返ってみましょう。・テレビを見ながらスナック菓子を食べていませんか?・食後に必ずデザートを食べていませんか?・仕事をしなが…
  • 痩せるということは…
     痩せるということは、単純に体重(数字)を落とすことではありません。体脂肪を減らしていくということです。そのためには、①日常生活で活動量をあげるか、有酸素運動(ウォーキングなど)を行う。②食事制限をして…
  • ダイエットについて
     私のサイトへ来て下さった方は、これからダイエットを始めようと思っている方、または現在ダイエット中の方、なかなか思うような結果が出なくて悩んでいる方、いろいろだと思います。こう見えても・・・(って、どう…
  • リバウンドに注意!体脂肪の落とし穴
     太っている人の体脂肪細胞というのはパンパンに膨らんだ状態。このため急激に内部にため込んだ脂肪を放出すると、脂肪細胞は空気がぬけた風船のようにショボショボになります。でも、しばらくは元の容積を保っていて…
  • 体型が崩れる大きな理由~その2「体脂肪」~
     体型が崩れる大きな理由の2つ目は「体脂肪」です。みんなが敵対視する「体脂肪」だけど、人間はそもそも「体脂肪」をため込むように出来ています。人類はこれまで何度も氷河期による飢餓を生き抜いてきたため、万が…
  • 「むくみ」に効果的なのは?
     「むくみ」に効果的なのがマッサージ。プロのリンパマッサージを受けるのが一番だけれど、自己流マッサージでもコツをつかめば大丈夫。リンパ液や血液がたまりやすい足先、ふくらはぎなどを両手を使ってじっくりとほ…
  • 体型が崩れる大きな理由~その1「むくみ」~
     体型が崩れる大きな理由には二つあります。「むくみ」と「体脂肪」です。敵を知れば怖くないでしょ?この二大要因について考えてみたいと思います。まずは「むくみ」から。私たちは長いフライトの後、必ずと言ってい…
  • 筋肉量を増やすには?
     みなさんが思っているほど、筋肉量を増やすことは難しくありません。簡単なんです。できることから、はじめればいいんですよ。実際に、私もウエイトトレーニングを始めて筋肉量が増えてから食事のことを気にしなくな…
  • 太りにくいカラダを作る!
     暴飲暴食をしているわけでもないのに、なぜ私は太ってしまうんだろう…と、悩んでいたことがありました。飲んでたからなんですけど、たぶん。笑当時は運動をしていなかったんですよ。若さに甘えて。ある年齢をきっか…